一日の最初に出会う人の卒業の日

 情報工房の見えない時間の見えないところを支えてくれた、山脇さんが、卒業されました。

お元気で、何よりもこれからの人生、楽しんでください!
2年半ほぼ毎日ね、
雨の日も風の日も地震の日も台風の日もコロナの日も新入社員が入るハレの日も・・・
いつもいつも朝6:00頃にね、
「おはよ、今日は暑いね、サブいね、晴れてるね、濡れてるね」
「社長さん、がんばってんなぁ、疲れてへんか?」
という会話から始まる。
3フロアの水回りや廊下のお掃除等を面倒見てもらっていました。
たまに、結構、汚してしまっていても、
「いやー、これが私の仕事やから、まかせとき―」って嫌な顔もせずに毎日毎日。

「僕の名前知っている?」って聞いたとき、
「もちろん! 宮脇さん、一字違いだからよく覚えている、あたりまえやん、お掃除するとこのテナントさんは、全部スマホで調べて、仕事内容や、社長の名前、どんな会社なんかって、いつも見ているよ」って。
失礼しました。73歳のプロなんです。
会社も仕事も違うけど、
仲間です。
感謝しています。


アーカイブ

もっと見る

ラベル

もっと見る