情報工房株式会社

  1. トップ
  2. 顧問 門部 卓志
  3. 平成27年 情報工房 『新年会』にて

平成27年 情報工房 『新年会』にて

更新日:2016/03/11
記入者:門部 卓志

いま社会の根幹を形作っている公の意識の崩壊が厳しく指摘されています。

いま社会の根幹を形作っている公の意識の崩壊が厳しく指摘されています。公人の言葉や振る舞いをまぐる大騒動、環境大臣の失言、県会議員の号泣、大学教授の論文盗作、研究者の虚偽発表など、数え切れないほどの事象が続きました。そして「再発防止に努めます」でいつも幕が下ろされて、いつの間にか忘れ去られ元の木阿弥になってしまっています。

このような現象は社会の根源的なところ―秩序に支えられた公私の意識が崩壊しているからではないかと思います。一刻も早く、自己利益しか頭にないような公人の意識が変革され、載然たる公私の秩序に支えられた社会になってほしいものです。

私たち情報工房はこのような社会の現状に惑わされることなく、宮脇社長の「ウソとズルはやめよう」というちょっと変わった行動規範のもと、正々堂々と厳しく楽しく生きていこう。そして何よりもお客様にご満足いただける日本一の会社を目指し、全社員がまさしく良心と勇気を充実させて今年も頑張っていきましょう。