情報工房株式会社

  1. トップ
  2. 河本健吾
  3. ツイてる”運動実施中

ツイてる”運動実施中

更新日:2006/11/01
記入者:河本健吾

私の会社での朝は、コーチ※との上記のような問いかけで始まる。

「ツイてますか?」

『ツイてますよ~!』

「何がツイてたの?」

『聞いてください。実は、かくかくしかじか・・・・』

私の会社での朝は、コーチ※との上記のような問いかけで始まる。ツイているかどうかの問いには、必ずツイていると答えねばならない。そして、ツイていたことを報告する。ツイてないとは決して言ってはならない。これが一応のルールだ。

24時間を振り返れば人間一つぐらいは、ツイていたと思えることがあるものだ。いつもより早く起床できたというようなミクロレベルのツキや、紹介で新規案件が入ってきたような大きなツキまで、大小を問わないならば結構ある。

人間だから何となく気分が乗らない日や、調子の悪い朝もある。そんな風に心模様が曇り空のときでも、このポジティブな気づきと振り返りによって、私はささやかな感謝の気持ちと自信を持って毎日を始めることができている。

コーチの提案で始めた日課だったが、3ヵ月経ったいまでは「おはよう」の挨拶よりも欠かせないものとなってしまった。

うれしいことに、最近“ツイてる”運動が私の周囲に広まり出した。怪しい新興宗教のようだと横で怪訝な顔をして見ていたあの人まで始め出している。

アナタはツイてますか?

※情報工房ではクルーのモチベーション及びマインドアップ維持のために生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチが社員として常勤しています。