情報工房株式会社

  1. トップ
  2. 社内イベント
  3. 会社情報
  4. 恒例、年末、「カンヌライオンズ2016」から今年を振り返る

恒例、年末、「カンヌライオンズ2016」から今年を振り返る

更新日:2016/12/27
記入者:宮脇 一

 

情報工房コピーライター6名が集まり、世界最大級のクリエイティブフェス「カンヌライオンズ2016」 の受賞作品等を見ながら、今年を振り返りました。

情報工房コピーライターの面々が選んだのが、

乳がん撲滅・・・MANBOOBS アルゼンチン
グランプリフォーグッドであったアルゼンチンの乳がん撲滅団体MACMAの"MANBOOBS"の作品。SNSの規制により「大切なのに見せることができない触診チェック」の動画を、男性の胸を使ってチェックするという、コロンブスの卵的アイデアで、見ている私たちにインパクトを与えてくれました。

これは「バズる」よね・・・と、Hさんの意見でした。

こちらから

ロッキード マーティン 「フィールド トリップ トウ マーズ」
ロケットは面白い、科学や宇宙はおもしろいもと子供達とそれを見ている大人を簡単させた作品でした。スクールバスの窓をスクリーンにして、VRを使い、火星疑似体験をするというもの。
そのクゥオリティーとテクノロジーには驚きました。

「やられた」を越えて、「乗ってみたーい」・・・と、Iさんの欲望です。

こちらから

ヨーロッパ最大の鮮魚小売店METRO 「The Daily Catch」
ヨーロッパの産地からのDMをNEWSPAPER(新聞)のNEWつまり日付にこだわった。もともと新聞紙にくるんで魚を渡すという行為をその日の新聞と一緒に素敵なラッピングのダイレクトメールに変えた。「魚+情報」で付加価値をつけたんだね。
低迷する新聞業界としてもとても有益だと思うな。

すぐにまねしたい、「金沢からの頼り」・・・とMさんは呟いた。

こちらから